img_01

マイナンバーに対応した給与計算システム

マイナンバーに対応した給与計算システムを導入することになる会社の対応は腰が重い一方で、給与計算システムを提供するソフトウェア開発会社の方では、全ての商品がマイナンバーに対応できるようになっています。対応していない給与計算システムが、これから購入されるということは考えられないことなので、対応を済ませていることは当然のことといえます。

このマイナンバーのシステムを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

マイナンバー制度に対応している商品のほとんどが搭載をしている機能は、ナンバーを管理したり、運用したりする機能になります。



具体的に説明すると、ナンバーを登録したり、修正したり、登録されたり修正されたりした情報を確認したり、といったことをできるようにして情報を収集できる機能を搭載します。

そして、専任の管理者を給与計算システムに登録をして、情報を一覧で表示させたり、情報を修正したり、削除したり、操作したりした履歴を管理して不正なアクセスに気づけるようにします。

有名なAll About情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

また、源泉徴収票や社会保険の算定基礎届、被保険者報酬月額変更届、健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届などといったナンバーを記載する必要のある書類に対応してプリントアウトができるように対応する必要があります。


これらのような機能が搭載されていれば、マイナンバーに対応している給与計算システムとして提供することができるのに充分であるということができます。

さらに細かい機能を搭載するとすれば、CSV形式のデータを使ってインポートすることによって一括登録する機能や、本人確認書類をアップロードする機能などが挙げられます。